FC2ブログ

Osada1の自然写真

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

モンシロチョウ 生存競争? 求愛? 吸愛?

モンシロチョウ
モンシロチョウが吸蜜していたところ、やっぱりモンシロチョウ一匹が飛んできて場所を奪ってしまいました。これは単なる生存競争なのか?それとも求愛なのか?

| 虫・爬虫・両生類 | 21:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ツマグロヒョウモン 生存競争

ツマグロヒョウモン (4)
ツマグロヒョウモンがアザミで吸蜜しているところにもう一匹飛んできました。この後左側の蝶は追い立てられてしまいます。

| 虫・爬虫・両生類 | 20:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヒメキマダラヒカゲ=姫黄斑日陰

ヒメマキマダラヒカゲ
ヒメキマダラヒカゲ、漢字は姫黄斑日陰と書きます。なんのこっちゃて感じの名前です。サハリン南部か日本にしかいない蝶とのことです。珍しいものではなくよく見かけますし地味ですが、蛇の目模様が可愛いです。

| 虫・爬虫・両生類 | 20:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

クジャクチョウ W

クジャクチョウ
アサギマダラの次に大好きな蝶、クジャクチョウが2匹並んでマツムシソウの吸蜜を行っていました。何のことはない絵ですが、とても嬉しくて写真に納めました。日本など東アジアに棲息する亜種には「芸者」という学名が付けられています。

| 虫・爬虫・両生類 | 20:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スジボソヤマキチョウ

スジボソヤマキチョウ
スジボソヤマキチョウです。既に17の府県で絶滅・準絶滅危惧種になっています。ヤマキチョウとの一番簡単な見分け方は前翅裏面の小さな紋がヤマキチョウでは丸く、スジボソヤマキチョウでは勾玉状であることの様です。

| 虫・爬虫・両生類 | 22:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

秋の始まりの風景


モンキチョウアザミです。山の上はもう秋の風景が始まっています。

| 虫・爬虫・両生類 | 08:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

雨滴が飾る蜘蛛の巣


蜘蛛です。なんてことない蜘蛛です。しかし雨に濡れて蜘蛛の巣がちょっと綺麗です。

| 虫・爬虫・両生類 | 20:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

リンドウと蜂 晩秋のドラマ


晩秋の最後を締めくくるエゾオヤマノリンドウのミツを求めてに蜂が来ていました。この1週間くらい後には雪が降ってしまったので、蜂にとっては最後のご馳走になったでしょうか。リンドウにとっても最後の受粉のチャンスになったのでしょうか。秋の終わりの命のドラマです。

| 虫・爬虫・両生類 | 21:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カオジロトンボの交尾シーン


栂池自然園の池塘で見かけたカオジロトンボの交尾シーンです。ほとんど山岳地帯の湿地帯にしか住んでいないのであまりよく見るトンボではありません。県によっては絶滅危惧種になっているようです。鼻のあたりが白く、この名がつけられています。

| 虫・爬虫・両生類 | 23:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

薊と蝶


鮮やかな薊の花と蝶はよく似合います。

| 虫・爬虫・両生類 | 22:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT