FC2ブログ

Osada1の自然写真

2013年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

高速パンチのモンハナシャコ


モンハナシャコです。青緑色と紅色の体、眼の周りはブルーで、目は左右独立してレーダーのようにくるくる回ります。肉食性で、捕脚で高速パンチを繰り出します。直撃されたらハウジングのポートガラスも割れるとの噂です。

| 海洋生物 | 22:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ミナミギンポは悪い魚


ミナミギンポ(全長5cm)です。これは成魚でライトブルーオレンジの美しいシマシマですが、幼魚はオレンジ部分が黒く、お掃除魚のホンソメワケベラに擬態している。そしてクリーニングをしてもらおうと近づいてきた魚のヒレやウロコをかじって食べる悪いやつなのです。

| 海洋生物 | 01:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

3色あるハナヒゲウツボ


ハナヒゲウツボです。1.2mくらいあります。幼魚は黒オスの成魚は青メスに性転換すると黄色になりますが、黄色いのは見たことはありません。

| 海洋生物 | 23:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アナモリチュウコシオリエビ 通称ロボコンエビ


アナモリチュウコシオリエビです。名前が長いのでロボコンエビの方が通りがよいです。若い人と話すとロボコン自体を知らない人がほとんどです。両腕だけを出していることが多く、なかなか目にピントがきにくい海老です。

| 海洋生物 | 22:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ギンポくんです


四国の海で出会ったギンポくんです。水面27℃、水底30mでの水温20℃、海面下18mあたりにものすごいサーモクラインがあり、潜ってゆくと一気に水温が下がります。イメージでいうと9/1の高知市から旭川市に瞬間移動するような温度変化です。下から上がってくると温泉に入るような感覚です。ギンポ君はもちろん暖かい側にいました。

| 海洋生物 | 13:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |