FC2ブログ

Osada1の自然写真

2017年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

飛び出しシリーズ12 神の鳥 シマフクロウ

_00-_D1I7729 (2)
ご存じ、大人気、絶滅危惧IA類(CR)のシマフクロウです。羽根を拡げると本当に迫力があります。まさに神の鳥です。魚を捕らえる瞬間です。

| 鳥類 | 20:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

個人的に思い入れの強い山 白馬三山


早春の白馬三山です。左から白馬鑓、杓子岳、大雪渓を間において白馬岳です。明治31年私の高祖父の河野齢蔵らが植物採集を目的に白馬大雪渓から登頂し、シロウマアサツキやタカネバラなどの高山植物を発見したという記録がありとても愛着のある山です。今まで違うルートで5回登頂していますが、冬季だけははねのけられました。

| 陸上風景・植物 | 20:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

早春の唐松岳


早春の唐松岳です。向かって左が頂上山荘のある方の峰、右側が頂上だと思います。

| 陸上風景・植物 | 00:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

飛び出しシリーズ7A オオワシ


流氷にとまっていたオオワシが、他のオオワシに押し出されて飛び出すところです。

| 鳥類 | 23:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

鹿島槍ヶ岳 遠望


栂池自然園からの帰りに見られた、八方尾根越しの鹿島槍ヶ岳の双耳峰です。吊り尾根が最も長く見えるアングルです。

| 陸上風景・植物 | 23:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

飛び出しシリーズ11 ケイマフリ

00-_00-ケイマフリセット
絶滅危惧II類(VU)のケイマフリの飛び立つ瞬間です。天気のせいかもしれませんが、名前の由来(アイヌ語名のケマフレ(kemahure「足が赤い」の意)である赤い脚が夏に見たときよりもあまり鮮やかではありません。

| 鳥類 | 23:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

飛び出しシリーズ10 ウミバト

00-_00-ウミバトセット
日本の海ではあまりお目にかかれない「ウミバト」の飛び立つ直前の姿です。連続撮影しています。3回目にようやく出会うことが出来ました。

| 鳥類 | 21:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

飛び出しシリーズ6A オジロワシ


ようやく訪れた流氷の上で喜々として飛び回るオジロワシくんです。林の中のオジロもいいけど、やっぱり流氷の上が一番いいですね。

| 鳥類 | 21:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

飛び出しシリーズ9-A 丹頂


気持ちよさそうに飛び上がった丹頂です。青空と白雲をバックにとても気持ちよさそうです。

| 鳥類 | 06:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

飛び出しシリーズ9 丹頂


薄暗くなった中、帰巣して行く丹頂の飛び出しです。他の鳥に比べて丹頂は助走が長く必要なため、とても絵になります。夕陽が赤く当たっている内に飛んで欲しいのですが、なかなか果たせません。

| 鳥類 | 05:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |