FC2ブログ

Osada1の自然写真

2018年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

モンシロチョウ 生存競争? 求愛? 吸愛?

モンシロチョウ
モンシロチョウが吸蜜していたところ、やっぱりモンシロチョウ一匹が飛んできて場所を奪ってしまいました。これは単なる生存競争なのか?それとも求愛なのか?

| 虫・爬虫・両生類 | 21:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

悪魔の手毬唄に出てくる花

ジャノメチョウ
サワギキョウにとまっているジャノメチョウです。こんなに美しい花なのに、サワギキョウには毒があり、『悪魔の手毬唄』で,庄屋さんと呼ばれていた最初の犠牲者は,サワギキョウを盛られて苦しんでいるところを絞殺されたとなっています。さてこのジャノメチョウは大丈夫でしょうか?

| 陸上風景・植物 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ツマグロヒョウモン 生存競争

ツマグロヒョウモン (4)
ツマグロヒョウモンがアザミで吸蜜しているところにもう一匹飛んできました。この後左側の蝶は追い立てられてしまいます。

| 虫・爬虫・両生類 | 20:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヒメキマダラヒカゲ=姫黄斑日陰

ヒメマキマダラヒカゲ
ヒメキマダラヒカゲ、漢字は姫黄斑日陰と書きます。なんのこっちゃて感じの名前です。サハリン南部か日本にしかいない蝶とのことです。珍しいものではなくよく見かけますし地味ですが、蛇の目模様が可愛いです。

| 虫・爬虫・両生類 | 20:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

クジャクチョウ W

クジャクチョウ
アサギマダラの次に大好きな蝶、クジャクチョウが2匹並んでマツムシソウの吸蜜を行っていました。何のことはない絵ですが、とても嬉しくて写真に納めました。日本など東アジアに棲息する亜種には「芸者」という学名が付けられています。

| 虫・爬虫・両生類 | 20:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スジボソヤマキチョウ

スジボソヤマキチョウ
スジボソヤマキチョウです。既に17の府県で絶滅・準絶滅危惧種になっています。ヤマキチョウとの一番簡単な見分け方は前翅裏面の小さな紋がヤマキチョウでは丸く、スジボソヤマキチョウでは勾玉状であることの様です。

| 虫・爬虫・両生類 | 22:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

蕎麦畑と御嶽山

右1
好天に恵まれて、美しい蕎麦畑越しに堂々とした御嶽山を眺めることができました。もう少しで頂上への登山路が開かれそうですね。

| 陸上風景・植物 | 22:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大きなコナラの老木

右3
木曽馬の里にある大きなコナラの老木です。だいぶ弱ってきていますが、まだまだ頑張っています。根が弱るため樹の真下には入れなくなりましたが、近くに行ってたっぷりパワーをもらいました。

| 陸上風景・植物 | 22:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |