FC2ブログ

Osada1の自然写真

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

狸垣内(タヌキガイト)



 動物シリーズの最後を飾るのは「ホンドタヌキ」です。このホンドタヌキ6匹とコビトカバ(推定価格:500万円以上)がシンガポール動物園との間で交換されたのです。もらわれていったホンドタヌキはシンガポール動物園で空調完備の大きな部屋で大事に育てられているようです。
 ホンドタヌキはおとなりの長田百貨店の軒下に巣を作っていました。子供も3~4頭いて、いっしょに保健所に連れて行ってもらいました。ホンドタヌキは保護されるべき動物であるため、決して安楽死させられることはないようです。
 我が家の周りはよっぽど野生動物にとって過ごしやすいのか、ボンドタヌキの夫婦、ホンドギツネ、時にはニホンザルなど沢山きます。
 そういえば我が家の正式住所名の小字は狸垣内(タヌキガイト)といいます。垣内(カイト)と言うのは一つの集落またはその区分けをいいますが、本来,垣内は農場として囲い込んだ場所や屋敷を意味するようです。タヌキガイトとは 狸の多い区画と言う意味ですね。昔から狸が多かったんでしょうね。

| 哺乳類 | 00:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://osada1.blog.fc2.com/tb.php/106-82eb04c8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT