FC2ブログ

Osada1の自然写真

≫ EDIT

とても長いヒレナガネジリンボウ


ヒレナガネジリンボウというくらいで、第1背ビレの前方が長く長く伸びるのが特徴ですが、この個体は特に長いです。他のヒレも総て全開で頑張ってくれました。

| 海洋生物 | 20:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アミメハギ 幼魚


アミメハギ 幼魚です。1月らしく紅と金を背景に本人も金ぴかに輝いています。

| 海洋生物 | 19:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

タンチョウ乱舞


白く輝く樹氷をバックに飛んで行く丹頂です。八羽が写っていますがわかるでしょうか?

| 鳥類 | 01:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

5時間待って...


朝の5時過ぎから、ずっと雲が切れるのを5時間近く待って、ようやく30分だけ雲が薄くなったところを撮りました。本当はもっと山影は薄かったのですが、レタッチで何とか見られるようにしました。

| 陸上風景・植物 | 01:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

オレンジ色が鮮やかなアトリ


冬鳥のアトリです。松ぼっくりを食べに来たようです。オレンジが鮮やかです。名前の由来は群をなして移動するという意味から「集鳥(あつとり)」と呼ばれていたものが訛ったものだとされます。この時も何羽かが群れていました。

| 鳥類 | 05:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ミヤマホオジロ ようやく


姿は見えているのですが、枝がかぶってなかなか撮れず、ずいぶん待ったところでようやくお顔が出てきました。「風花のやみしと見ゆる間一羽なる 深山頬白木を移る見ゆ 中西悟堂」 ミヤマホオジロを歌ったものです。

| 鳥類 | 05:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

鹿川湾のマンタ


西表島の秘境の海(鹿川湾)で出会ったマンタです。人間を嫌がらず(というより無視している感じで)、どんどん向かってきます。迫力のある写真が撮れました。

| 海洋生物 | 21:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

とてもめでたいヒロウミウシ


あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。早速、第一号は紅白の色合いがとてもめでたいヒロウミウシです。1cm程度の小さいものですが、とても美しい姿です。裕仁天皇のお名前が由来であるという説もありますが、定かではありません。

| 海洋生物 | 21:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シリウスの名をもつ魚


全天で最も明るい恒星、オオイヌ座の「シリウス」の名を持つとても美しいハゼです。「シリウス」の語源はギリシャ語で『焼き焦がすもの』『光り輝くもの』とのことで、赤く燃えるような斑点が名前の由来なのでしょうか?

| 海洋生物 | 21:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ジョー


和名:カエルアマダイ またの名を ジョーフィッシュといいます。これはイエロージョーフィッシュです。和名が付けられたのは最近で、ダイバーの間では、これをカエルアマダイと呼ぶ人は殆どいません。「ジョー」と親しみを込めて呼びます。極めて可愛いお顔です。

| 海洋生物 | 21:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT